« 皮膚 | トップページ | トイレ »

2007年8月 9日 (木)

謎の風船

電車を降りると温風に包まれる。

温風、熱風? まあ温風だろう。

この風、冬にあればいいのに・・・などと考えながら駅の階段を降りる。

どうにかこの温風をこのままどこかに閉じ込めて置けないだろうか。

建ち並ぶ家、その角から登るものすごく大きな風船。どの家からもふんわりと浮かんでいる。

そんな光景がわたしの頭の中に描かれていた。

|

« 皮膚 | トップページ | トイレ »

c.つぶやき」カテゴリの記事

コメント

謎の風船で太陽の暑い熱い熱気も、半分位閉じ込められるといいね~~!
そして、大空の大きな大きな倉庫にシマッテオイテ
寒~~ィ冬に魔法の杖で、一振り!!
木枯らしの吹く寒~~~ィ日に倉庫が開いて、暖かな風が吹く・・・なんて!!
いいな~~~

投稿: みるくママ | 2007年8月10日 (金) 07:24

みるくママさんへ
そうそう、そうです!!どうにかならないかと 思ってしまいます。
まさに、みるくママさんの描いたファンタジーのようになればいいと!!

投稿: 花ねこ | 2007年8月10日 (金) 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皮膚 | トップページ | トイレ »