« 猫の病気 | トップページ | 太った人 »

2008年8月17日 (日)

ずっと元気で

アトムを病院に連れて行き、いろいろと獣医さんにお話をうかがったところ、
必ずしも皮下注射を毎週する必要はない事がわかった。
腎臓の具合を示す数値もまだまだ軽い値で、尿にも色がついて来た、
そして、毛艶もよく、口臭もない。
一番大切なのは、食事だそうだ。
腎臓はやはり、食事が一番大切。
もちろんん人間が食べるものは欲しがるときも有るけど、塩っぱいものや食べてはいけないものは今まで必ず避けて来た。
でも19年も生きていれば、やはり少しづつ腎臓も悪くなってくる。
療法食はあまり好きではない様子だけど、ドライフードは食べてくれる。
アトムも自分の様子に気づいたのか(?)レトルトの療法食も嫌々では有るけど、少しづつ食べてくれるようになった。
偉いぞ!!アトム。
これからは、今まで以上に猫達の様子を見守り、ちょっとした変化を見逃さないようにしよう。
いつまでも長生き、長生き!!
そりゃ、私にもある程度の覚悟は出来ているけど、
出来る限り、猫も、私も安心して生きて行ける生活をしたいから。
せっかく出会えたのだから、辛い思いをさせたくない。私が守る出会った命。

|

« 猫の病気 | トップページ | 太った人 »

a.うちの猫」カテゴリの記事

コメント

アトム君もミチコさんの気持ち充分わかって食事頑張っているのですね!!
縁あって出会って一緒に生活してきたのですもの、一分でも一秒でも長く一緒に居たいよね!!

ガンバレ!! アトムくん!!

フレー・フレー ミチコさん!!

投稿: みるくママ | 2008年8月17日 (日) 16:51

みるくママさま
食いしん坊さんなので、療法食も結局はお腹が空くと食べている。
ということなのかもしれませんが、
とにかく、食べてくれるので一安心です。
甲状腺の機能も平常に戻り、
19歳なりの食事の量になるでしょう、
という事なのですが、
食欲は、やはりあります。
19歳なりの食事の量なんて、分かりませんが、
食欲は、やはり無いよりはあった方が良いと思っています。

投稿: 花ねこ | 2008年8月17日 (日) 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ずっと元気で:

« 猫の病気 | トップページ | 太った人 »