« 雪が積もってた | トップページ | モデルさん »

2010年2月19日 (金)

アトムさんの喉

アトムさんは、

ゴロゴロと喉を鳴らすのが大得意

0219a3

アトムさんは、
私の所に行こう! と決めた時から喉を鳴らし始める。

そのゴロゴロ喉が、、、

喉を鳴らし始めると、息苦しくなるらしく、口を開けて呼吸をしたり
「グエーーーー」と息苦しそうに音をたてて息をすったり、
喉にひっかかったタンをゴクリとのみ込むような仕草をする。

いかにも、苦しそうだ。

0219a1

だから、

もう、

ゴロゴロと喉を鳴らさせないようにしなければ、、、と思う。

だけど、猫だから、一生ゴロゴロを言わせてあげたい。

甲状腺の病気のせいかな??

獣医師に説明しても、よくわからない。

今日、動画を撮ったので、獣医師に見てもらう予定だ。

喉を鳴らさなければ、なんとも無いのに。

このゴロゴロ喉、

まだ、どこを鳴らしているのか、よく解明されていないらしい。



ブログ村に参加しています。




にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

|

« 雪が積もってた | トップページ | モデルさん »

a.うちの猫」カテゴリの記事

コメント

つらそうに見えるとなんだかかわいそうな気もしますが
それを止めるってのもまた難しいような気もしますね。
うちの猫たちもゴロゴロ言うけど
若い頃よりは減ったように思います。
リンなんて音も大きくて音程までついていたので(笑)
楽しかったのに・・。
いまじゃ普通にごろごろごろごろ・・です。

投稿: ゆう | 2010年2月20日 (土) 20:58

ごろごろはとめられないですものねぇ~本人も気分よくてならしているはずなんですが・・・それでつらそうになるというのも困りますね。
私は姫のごろごろで眠りについています。

投稿: JUNJUN | 2010年2月20日 (土) 21:03

ゆうさま
アトムの場合、ゴロゴロの回数は全く減りません。。
それどころか、増えているような
ゴロゴロをならす場所が、
ゴロゴロを言い過ぎて摩耗したのかな???
息苦しい時は、水を飲ませると治ります。
でも、飲まない時もあります。

投稿: 花ねこ | 2010年2月20日 (土) 22:55

心境は複雑ですよね。
猫のゴロゴロは、嬉しかったり気持ちよかったりした時に鳴らしてますものね。
猫が気持ちを伝えるために鳴らしているのなら、それを止めてしまうのは…ちょっと、と思うし…
でも苦しいのは、猫も人間も辛いし…ですね。

投稿: ke-ki.ke-ki. | 2010年2月20日 (土) 22:58

JUNJUNさま
気分よくて鳴らしている のに、
それで苦しくなるなんて、、、とっても悲しいです。
どうにかしてあげたいですが。
敢えて、ゴロゴロと言わないようにしているかのように見えるときもあります。
だから、むやみに近づいて抱きしめないようにしています。
でもいっぱい抱きしめたいですが。

投稿: 花ねこ | 2010年2月20日 (土) 22:59

ke-ki.ke-ki.さま
そうなのです、、かなり複雑な心境です。
抱きしめたい、でも苦しくなるといけないし、
ただ、抱きしめる、という何気ない行為も
考えてしまいます。
でもマッサージを待っていたりするので、、
ちょっとだけにしておくとか、
いろいろと短めにしています。

投稿: 花ねこ | 2010年2月20日 (土) 23:23

うちの14歳猫と同じ症状です。
うちも原因が特定できていませんが
IDEXX Cardiopet® proBNP検査では
よくない結果が既に出てるので、うちの場合は
やはり心筋に関するものかなあと浮かんでます。

検査一つやるにも暴れるので
鎮静剤かけないと全く無理な子で
現状で検査は無理なので
今のところ呼吸器疾患疑いネブライザーと
酸素吸入で様子見てる所です。

ちょうど検索してて全く同じなので
ほんとに猫なで声でくるくるすり寄らないと
日常生活はやれている状況で
飼い主はどうしたものかと困惑中です。

投稿: Ray | 2010年3月27日 (土) 20:21

Rayさま
コメントありがとうございます。
同じ症状の猫さんの飼い主の方と出会えて本当に嬉しいです。
この症状、誰に言っても、説明がつかない、、、
と、言うか、、はっきり言ってわからないのですよ。
うちのアトムさんの場合、甲状腺機能亢進症の病気を
発見できたきっかけになったので
亢進症が原因なのかもしれない。
それによる、過呼吸なのかもしれない。
とも思っています。獣医師からも
そうかもしれない、というコメントをもらっています。
がはっきりしません。
検査があるのですね。
とにかく、ゴロゴロ言わなければ、
通常と変わらなく、穏やかに過ごしているので
人間側が困惑する気持ちはよくわかります。
だから、ゴロゴロ言わせないように
近づかないようにしよう。。。
などと、思ったりもします。
時々、猫の方もわかって来て、ゴロゴロをおさえているような??
と思う時もあります。(まあ、それはわかりませんが)
でも、猫だから、いっぱいゴロゴロいわせてあげたいのですよね。
だから、困惑するのですよね。
IDEXX Cardiopet® proBNP検査
って、たいへんな検査なのですか?
どんな検査なのでしょうか?
家の猫さんは、20歳なので、
もちろん検査は嫌がりますけど、
以前よりはかなり、ものすごく落ち着いて検査させてくれるようになりました。
検査って、たいへんですよね。
猫にとっても、人間にとってもかなりのストレスです。
がんばりましょうね。

投稿: 花ねこ | 2010年3月27日 (土) 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アトムさんの喉:

« 雪が積もってた | トップページ | モデルさん »