« アトムさんの喉は | トップページ | お花見日和 »

2010年3月31日 (水)

静かに見守る


アトムさんはいわば長男なわけで、
私にとっては初の子育てとなるわけだ。
いろいろとわからないことがたくさんあるのです。

わたしが子供の頃に一緒に暮らした猫さんもいるけど、
その頃のペット事情と現在では比べようがない。
今思い返してみれば、
あの育て方は、、、ちょっと、と思う。
特に食事の面においては、めちゃくちゃだね。
知らないことは罪だと思う。
一緒に暮らすのならば、もっと勉強してからにしないといけません。

アトムさんもkikiちゃんも、それぞれほぼ健康に暮らして来てくれた。
年齢をかさね、
体力も衰えて来ていると思う。
足腰も以前のように、ピン とはしていない。

これから、もっともっと年を重ねると
当然、もっと衰えてくる。
でも、それをいちいち心配するのではなく、見守らなければ。

0331a3

悲しむのではなく、見守ろう。

0331k1

わからないことは、わからない。
それでいい。
わからないのに、いろいろと想像して心配しても仕方が無い。

だったら、やさしく見守ろう。

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

|

« アトムさんの喉は | トップページ | お花見日和 »

a.うちの猫」カテゴリの記事

コメント

初めての猫さんがこんなに長生き、
ミチコさんが大事に大事に育ててきたんだなーっていうのが
よくわかります
もんのすごーくかわいがってもらっている猫さんも
それは・・えっと・・という猫さんもたくさん見てきましたが
どんな環境でもどっしりと、自分らしく生きている猫さんにはいろんなことを教えてもらいます。
私も静かに見守っていく余裕を持ちたいです^^

投稿: ゆう | 2010年4月 1日 (木) 09:12

人間って(個人差あるかもしれないけど)いい事への
想像力よりも悪い事への想像力って数倍あるような気がする
無限に広がっていくんですよね
だから『わからないのに想像して心配しても仕方が無い』
そうかもしれない
でも想像しちゃうのも、だったらいい事への想像をするよう努力する?
人間の脳ってPCと違ってコントロールが難しいですね
(PCもコントロール出来てないけど

投稿: KAZU | 2010年4月 1日 (木) 10:59

「やさしく見守ろう」いい言葉ですね。
あるがままのアトムさんkikiちゃんの猫生を見守ることは、
一緒に暮らす花ねこさんにしか出来ない事ですよね。
ゆっくり時が過ぎていくといいですね。

投稿: ke-ki.ke-ki. | 2010年4月 1日 (木) 23:24

ゆうさま
そうですね、だいじにだいじに一緒にくらしています
子供の頃から、猫と一緒に暮らしたかったのですよ。
念願かなっての一人暮らし。
仕事で帰宅が遅くなるので寂しい思いをたくさんさせてしまいました。
なにより、アトムさんは色んなことを助けてくれて、
たくさん教えてくれています

投稿: 花ねこ | 2010年4月 2日 (金) 00:01

KAZUさま
そうなんですよね。。。困ったことに。
でも、それは取り越し苦労だし、とっても疲れますから、
出来るのであれば、やめた方がいいです。
(言ってはみたものの、できるかどうか?でも努力します!)
アトムさんもkikiちゃんも、
私が心配そうな顔して様子をうかがっているよりも、
いつもニコニコ顔を向けていた方が、きっと良いだろうなと思うのですよ。
振り向いた時、猫さんと視線が合えば
思いっきりニッコリとするように

投稿: 花ねこ | 2010年4月 2日 (金) 00:08

ke-ki.ke-ki.さま
そうですよね、私にしか出来ない。
そう思うと、やっぱりやさしく見守ろうと思います。
これからの時間が、ゆっくりと過ぎて行けばいいな〜〜
ゆるやかに、ゆるやかに。
一緒にいるだけでいい。

投稿: 花ねこ | 2010年4月 2日 (金) 00:17

そうですよね。
無理にどうこうしてもかえって悪いこともあるかもしれません。
やさしく見守るってとても大切ですよね。
私も姫のことやさしく見守ります

投稿: JUNJUN | 2010年4月 2日 (金) 16:04

JUNJUNさま
JUNJUNさんに教えてもらったのですよ。
15年も行きてくれたインコさん。
その話を聞いて、そう思ったのです。
色んな想像しましたけど、もっと信じて見守ろうと。
そう思うと、不思議にアトムさんの様子も落ち着いて来たようにも思えます。

投稿: 花ねこ | 2010年4月 2日 (金) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静かに見守る:

« アトムさんの喉は | トップページ | お花見日和 »