« kikiちゃんの場所 | トップページ | 夏は段ボール箱 »

2010年8月19日 (木)

kikiちゃんがいてくれるから

皆さんからの暖かいコメントやメッセージに助けられ
どうにか、元気です。

そして、何よりもkikiちゃんが居てくれることに感謝です。

外出しても、早く帰ろう と思います。
なんとなく心配なのです、、、そんなことないのに。

kikiちゃんは体が弱いですからね。

kikiちゃんの右側の腎臓は3倍の大きさにふくれあがり
もう、ほとんど機能していませんから。

幸い左の腎臓が健康であるのだと思います。

水をいっぱい飲みます。

0819k3

今日もほとんど、段ボール箱の中で過ごしています。

やっと出て来たところをマッサージして遊んで、、、、

でも、あまりいいお顔をしてくれません、、、

0819k4

抱っこしたり、追いかけっこをしたり しましたけど。
でも、箱の中が一番幸せそうです。
ゴロゴロと喉を鳴らしていますから。

もちろん抱っこをしても、ゴロゴロ言ってくれますけどね。

アトムさんにkikiちゃんを守って !!  と頼みます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アトムさんは私と21年もの時間を過ごしてくれました。
このことは、とても嬉しく感謝しています。
私はアトムさんを独り占めできて幸せでした。

0618a5

また いつか 会える と信じています。
でも、それは また一緒に暮らす と言うことでは有りません。

0513

一緒に暮らしたい気持ちはもちろん願い希望します。 けど、
「独り占め出来るわけがない」 とも 思うのですよ。
だって、アトムさんは、それはそれは
素晴らしい猫さんですから。
他の誰かにも、この幸せを運びにいくのだと思います。



にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

|

« kikiちゃんの場所 | トップページ | 夏は段ボール箱 »

a.うちの猫」カテゴリの記事

コメント

ミチコさん素敵ですね
私はまたゴンスケを独り占めする事しか考えた事がありません
でも私の理想は私が猫で人間のゴンスケに飼ってもらう予定
kikiちゃんがいて良かったです
kikiちゃんにもミチコさんがいて良かったですね

投稿: KAZU | 2010年8月19日 (木) 22:25

アトムさんは本当に素晴らしい猫でしたよね。
本音を言うと私は今も相変わらず寂しいです…。
相変わらず『私の心』という奴が寂しさを引きずっています…チヤちゃんとコンビで私の目に涙を浮かべさせるのです…。
でも、涙を浮かべさせるという事は、それだけ素晴らしい猫だという事ですよね。
アトムさん、次回は何処に幸せを運びに行くのでしょうか…案外花ねこさんの所に戻って来る可能性もあるかもしれませんね。
やはり大好きな人の近くにアトムさんもいたいでしょうから…。
トップページのカメラを構えた花ねこさんを見つめるアトムさんの眼差しが、私をそんな気持ちにさせるのかもしれません。
本当に暖かい写真で私はとても気に入っています。

kikiちゃん…彼女も心配ですね…急にいなくなった家族に戸惑いを感じているのではないかと思います…でも、彼女はガーガー呼吸のアトムさんを心配そうに気にかけていたような優しい猫ですから、彼女なりにアトムさんの死を受け入れようと必死に模索しているのかもしれませんね…。
彼女の心も早く安定しますように…片側の腎臓がいつまでも健康である事も願っています…。

投稿: 雨婆(アメーバ) | 2010年8月20日 (金) 01:27

アトムさんがわたしのところに、姫がミチコさんのところに帰ったりして・・・
それもうれしいことですよね。
独り占め・・・やっぱり私はしたいな。
だって自分の分身ですもの。

投稿: JUNJUN | 2010年8月20日 (金) 07:59

私も短い間でしたがアトムさんのステキなところを
たくさん見せてもらいました。
また次の人に幸せを運ぶなんて、ステキだなあ・・。
最後のミチコさんとの写真、アトムさんもいいお顔ですね^^
ミチコさんとの関係がとってもよかったことが
よーくわかります

投稿: ゆう | 2010年8月20日 (金) 09:29

本当に猫さんを看取ってしまうと、ポカンと心に穴が開いたようになりますよね。
そこで、kikiさんがいてくれたから、何もせずにぼーっとしていられる訳でもなく…。
寂しさはあるけれども、普通でいられるってのありますよね。
ウチも、今の皆がいてくれるからこそ、旅立った子達の事も寂しいだけじゃなく、感謝しながら想えるのだと思います。

21年間…考えてみるとすごいですよね。
人間の赤ちゃんを産んでたとしたら、もう成人してるんですもんね!
立派な大人になってるんですもんね!!
楽しい事、悲しい事、辛い事、いっぱいいっぱいアトムさんと一緒に見て聞いて…
それこそ人生の友ですよね。
これからも、ずっと、ずっと…。

kikiさんいるけど、アトムさんに話しを聞いてもらう機会が多くなると思います^^
だから、ずっとずっと…。


投稿: 風恋華 | 2010年8月20日 (金) 15:10

とっても素敵なお写真ですね。
日々の何気ない光景に愛情が溢れている・・そんな感じです。
kikiちゃんが居てくれて本当によかったです。
アトムさんもkikiちゃんに託しているはず!
だからきっとkikiちゃんを守ってくれると思います。

投稿: ぼすちん | 2010年8月20日 (金) 15:57

最後の写真・・・見ただけでなぜか涙があふれてきました。悲しいのではないんです。なぜかなぜか感動してしまいました。あの猫の顔の角度・・信頼している人にするポーズです。あごを上げ、鼻すじと目頭をすりよせる姿に、愛猫ハナちゃんを思いだいました。その時の顔って、うっとりしているんですよね。私は、猫の眉間とおでこの匂いが好きなんです笑。落ち着くんですよね。
このサイトに出会えて、私が訪れるようになったのは、猫ちゃんの可愛さだけではありません。ミチコさんの眼差しがとても素敵なんです。母のような恋人のような猫への視線が暖かくって、愛にあふれていて、こんな素敵な飼い主さんの猫ちゃんは、ほっこりした陽だまりみたいな愛をもらっているんだなって。
相方の猫は今月で15歳になります。高齢です。秋になったら健康診断につれていきます。だってね、少しでも一緒にいたいから。

投稿: HANA | 2010年8月20日 (金) 20:50

KAZUさま
本当は独り占めしたいですよ!♪
これが素直な気持ちです。。でも無理っぽい。。
そうそう、KAZUさんはそう言ってましたよね
私もそれを聞いたとき、
それは良いな!!!と思いましたよ。
私もそれを希望しようかな〜〜〜
kikiちゃんがいてくれて、本当に良かったですよ。
でもなんだか、心配で心配で、、、

投稿: 花ねこ | 2010年8月20日 (金) 22:22

雨婆(アメーバ)さま
本当の素直な気持ちは、また一緒に暮らしたいです。
私のところに戻って来てくれたら、
どれほど嬉しいことか!!
まだまだ寂しくて悲しいですよ。
雨婆さんも、そんな気持ちでいるのですね。
なんだか申し訳ないです、そして同じ気持ちで心強い気もします。
ありがとうございます。
kikiちゃんのことが必要以上に今は心配です。
ちょっと臆病になっているのだと思います。
大切に守って行きます。

投稿: 花ねこ | 2010年8月20日 (金) 22:27

JUNJUNさま
本当の素直な気持ちを言うと
もちろん独り占めしたいです。
そして、絶対に私のところに戻って来てくれる
とも、思っています。。。でも、、、欲張るとね、、、
いろいろと考える訳です。
姫ちゃんが私のところでアトムさんがJUNJUNさんのところですか!!
なんだかおかしいですね♪

投稿: 花ねこ | 2010年8月20日 (金) 22:31

ゆうさま
アトムさんいいお顔ですか〜〜〜〜?!!
嬉しいです。
アトムさんは、私が抱きしめたり、キスしまくったり、
全身を触りまくっても、おとなしくしていました。
ただ、あんよを持つと嫌がっていましたけど、
他は触りたい放題でしたよ。
この写真は今年の5月に撮った写真です。
あまり動かないアトムさんをひなたぼっこさせているのです。

投稿: 花ねこ | 2010年8月20日 (金) 22:35

風恋華さま
そうなんです。kikiちゃんがいてくれたから
本当に良かったと思うのですよ。
心に開いてしまった穴はまだまだ埋まりませんけどね。
21年、あっと言う間でしたけど、
思い出を辿ると、長かったな と思います。
今でもアトムさんの写真の前に座って、話しかけています。
でもやっぱりkikiちゃんのことが気になります。
今はものすごく神経質になっていると思います。
kikiちゃんを守ろう と。

投稿: 花ねこ | 2010年8月20日 (金) 22:39

ぽすちんさま
写真、素敵ですか?!!嬉しいです♪
ありがとうございます。
今年の5月に、ひなたぼっこをしている写真です。
本当にkikiちゃんがいてくれて良かったと思っています。
たいせつな たいせつな命です。
今はちょっと私が神経質になっているようで、
ものすごくkikiちゃんのことが心配なのです。
きっとアトムさんが守ってくれますよね。
そう信じています。

投稿: 花ねこ | 2010年8月20日 (金) 22:44

HANAさま
この写真は今年の5月に撮った写真です。
あまり動き回らなくなったアトムさんを
ひなたぼっこをさせようとベランダに出しました。
アトムさんは、私が抱きしめたり、キスをしまくったり、
とにかく触りたい放題させてくれました。
ただし、あんよを持つと嫌がりましたけど。。。
相方の猫さんは15歳ですか!
うちのkikiちゃんと同じ年ですね。
kikiちゃんも4月に15歳になったのですよ。
私も心配です。
今は特に私が神経質になっていて、
kikiちゃんの様子をこまめに見ています。
大切な大切な命ですよね。

投稿: 花ねこ | 2010年8月20日 (金) 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: kikiちゃんがいてくれるから:

« kikiちゃんの場所 | トップページ | 夏は段ボール箱 »