« やはり | トップページ | ふたつの寝床 »

2010年8月22日 (日)

kikiちゃんのあんよに

アトムさんが6歳のときにやって来たkikiちゃん。

アトムさんは6年間1匹と私とで過ごした。

だから、kikiちゃんも、1匹だけで私たちと暮らすことをしたかった。

だけど、アトムさんがいなくなってからのkikiちゃんの様子を見ていると
悩む。。。。。

思いっきり寂しそうなのだ。

0822k3

そんな今日、
kikiちゃんの左後ろあんよ、足の裏、肉球とかかとの間に
ぶよぶよにふくれている物を発見。。。
直径3センチはある。

これって、、何???

ちゃんと地面につけているから痛くはなさそうなんだけど、

あすの朝一番で病院へ行くことにした。

皮下補液もしないといけない。
ここのところ、たっぷりと水を飲んでるし。

早く涼しくならないかな〜〜〜

0926c
この写真は2008年9月26日に撮ったもの

アトムさんお得意のねじれ眠りです 

早くアルバムを出してきたい。

20年前はデジタルカメラなんて持っていなかったし
だから、アトムさんの写真は全部アルバムに入っている。
そのアルバム、物置と化した部屋の奥にある。
それを早く引っ張りだして来て、写真をながめたい。

そして、アトムさんの自慢話もしたい 


にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

|

« やはり | トップページ | ふたつの寝床 »

a.うちの猫」カテゴリの記事

コメント

ウチの子たちは、どの子も一匹で暮らしたことないなぁー。
長男がんもの次はさくれだけど、その数ヶ月間だけだった。
がんもも、女の兄弟と一緒に捨てられていたし。

最初から誰かしがらいたら、一人よりも居たほうが寂しくはない気がします。

kikiさん、今は一匹になっちゃったけど、花ねこさんを独り占め。
それでも、一緒に舐めあうとかがないだろうからやっぱり猫同士とは違うのかもねぇー。

多頭飼いで、お互いウザイって思ってるのか、楽しいって思ってるのか・・・
内心はどうなの?って聞いてみたいです(笑)

kikiさんのアンヨの裏
なんでしょうねぇー。
なんでもなければいいですね。

アトムさんくび元にポツンと白い毛があったのですね。
チャームポイントで可愛い^^

投稿: 風恋華 | 2010年8月22日 (日) 23:16

Kikiちゃん、足、どうしたのか気になりますね・・・。
寂しそうなのが切ないですね・・・。

もう1匹、猫を連れてこようかどうか・・・迷いますよね・・・。
猫によりけりってのもありますしね・・・。
アビちゃんは愛情を独り占めしたがるタイプで子猫すら許さないようですし・・・。

他にも友人で猫をかつて6匹飼っていた人がいるのですが、新入りが来るとブーブー怒る猫もいるようですが、全く怒らない猫もいたりで様々だそうです・・・。
4ヶ月間怒る猫、1年半怒る猫、全く怒らないどころか、かいがいしく新入りの子猫の毛繕いを虫歯で口臭まみれの状況で決行して子猫を臭くしてしまった猫と様々だったそうです・・・でも最終的にはお互いの存在を認めて、普通に暮らせるようですよ。
今では食器を並べて普通にご飯を食べてるみたいです。

その友人の場合は野良猫を見ると放っておけない人なので、問答無用で新入りがやって来るっていうのもありますが・・・今は1匹他界して5匹になってしまいました・・・寂しいですね。
他界した猫というのが、以前コメントで書いた、生前、鍋の蓋を勝手に開けて夕飯の残りのカツ丼を食べようとしていた猫です。その猫は新入りが来ると4ヶ月怒って、いきなりパタッと怒らなくなるという不思議な猫でした・・・誰がやってきてもとりあえず4ヶ月・・・彼なりの洗礼行為だったのかなと思ったりもしています。

アトムさんのねじれ眠り・・・人間から見るとかなり寝心地が悪そうですが、アトムさんにはベストポジションなんでしょうね・・・。
それにしても毛並みが綺麗ですよね、アトムさん。
キラキラしてて、思わず撫でたくなりますね。
自慢話、アトムさんなら沢山ネタがありそうですよね。

しかし、21年間一緒にいると時代も変化しますね・・・確かに21年前はデジカメなんて無かったですよね、それから携帯電話も・・・。

投稿: 雨婆(アメーバ) | 2010年8月23日 (月) 09:20

kikiちゃんの足どうしたのでしょう。
たいしたことないことを心から祈っています。

kikiちゃんは最初からアトムさんがいたのですよねぇ~
こうなると一人になることはさみしすぎるのかなぁ~

御縁にまかせて新しい子がいたら迎えるというのはどうでしょうか?

投稿: JUNJUN | 2010年8月23日 (月) 10:03

kikiちゃんの足、なんでしょうね。
すぐにおさまるといいのですけど。

私は、以前に一番年下の猫を亡くしたとき
やはり猫たちの雰囲気は微妙でした。
メイにとっては産まれたときから一緒の兄弟猫だったし、
他のみんなにとってはいたずらっこのチビでしたし。
あれから数は増えてないですが、私がずっと落ち込んでたことも原因の1つだと思っています。
でも、いい出会いがあれば一緒に暮らしてみるのもいいかもしれないですよ^^
ミチコさんの気持ちもやわらぐでしょうし。
アトムさんが新しい出会いを運んでくれるかもしれません

投稿: ゆう | 2010年8月23日 (月) 14:05

あら?なんでしょうねkikiちゃん・・・
水ぶくれみたいな感じなんでしょうか・・・
たいした事なければいいですね
デジカメなんていいものが出る前から一緒に生活していると
子供の頃や若かりし頃の写真はアナログしかないんですよね
写真好きなら何枚もパシャパシャ写していただろうけど
フィルムを現像するのに残った分を写すくらいしか
撮ってなかった
どんな写真が出てくるか楽しみですね
たくさん自慢して下さい

投稿: KAZU | 2010年8月23日 (月) 17:11

風恋華さま
猫さんの本当の気持ちはどうなんでしょうね?
知るすべもないのですけど。。。
でも、喧嘩もしないし、
くっついているのであれば、きっと仲良しなのでしょうね。
いろいろと猫の気持ちを探りますけど、、
猫にとってはどうなのでしょうね?
人間はたびたび大きなお世話をするようです。。。
特に私の場合はよくあります。

投稿: 花ねこ | 2010年8月23日 (月) 22:14

雨婆(アメーバ)さま
アトムさんの毛並みは、それはそれは綺麗でしたよ。
綺麗なままの姿で旅立てたことは少しだけ嬉しいです。
だけど、骨はかなりご老体でした。
アトムさんもkikiちゃんも、
よその猫が入って来ると
かなりご機嫌斜めになっていましたよ。
いろいろと考えてしまいますけど、
人間はどうも自分勝手に考えが過ぎるようにも思えます。
縁に任せようと思います。

投稿: 花ねこ | 2010年8月23日 (月) 22:18

JUNJUNさま
そうします!!
私はどうも色々と良くも悪くも考えすぎて
結局は大きなお世話になっていたりしますから、
こればっかりは、自然の成り行き、
縁に任せようと思いました。
本当に難しいことだと思います。
最初からきめていた1匹飼いなので、
しばらくはこのままでいます。

投稿: 花ねこ | 2010年8月23日 (月) 22:21

ゆうさま
そうですよね、、、私が元気が無いのもよくないですよね。
縁を大切に思い、このご縁にまかせようと思います。
これが自然の成り行きで一番いい方法ですよね。
私がいろいろと深くごちゃごちょと考えてやることが
猫さんにとって、一番良くないことのようにも思えて来ています。
全てではないにしろ、、、
自然の成り行きを信じます。

投稿: 花ねこ | 2010年8月23日 (月) 22:24

KAZUさま
どんな写真が出てくるのか
私もすごくたのしみなんですよ〜〜〜〜〜♪
一つだけ記憶にある好きな写真があります。
落ち葉舞う公園をアトムさんと一緒に散歩しているのですよ。
その写真、かなりいい感じです!!
って。。。。イメージで記憶しているので
実際はそうでもなかったりして、、、

投稿: 花ねこ | 2010年8月23日 (月) 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: kikiちゃんのあんよに:

« やはり | トップページ | ふたつの寝床 »