« 爆睡タイム | トップページ | 作品を少しずつ »

2013年2月12日 (火)

それぞれの

グリグリは毎日元気です 
病院に行くトートバッグの中でも、ず〜〜っと大暴れしています
今日、動物病院で、これからのグリグリちゃんの治療方針を決めました。
 
白血病ウィルスが骨髄まで侵攻してしまっているため
白血病が陰転する可能性は無い ということで、、、
インターフェロンを1週間に1度のペースでうって行くことに決め
診察室を出て、いざ会計で呼ばれて
「やっぱり、毎日インターフェロンをやって行きたいのですが、、、」
と、言ってしまった。
 
私の中では、もしかして(陰転する) という気持ちが大きいのですよ。
0212g01
でも、毎日の病院通いも、かなりのストレス。
今日は、リンパ腺が少しだけ腫れていました。
風邪のせいか、白血病のせいか、、、
 
グリグリは、こうやって血液検査をしたことによって
命の期限が有る程度知らされるはめになってしまいました。
検査しなかったら、、、闇雲に治療する、、となるのでしょうけど、
どちらがいいのか?
 
0212c01
 
kikiちゃんが死んでしまったときは、
私にとっては、あまりにも突然過ぎる出来事でした。
まさか、死んでしまうなんて。。。
夜間救急に連れて行って、ずっと見守っていましたけど、
kiki ちゃんは、私たちを側に感じる事は出来ていたのでしょうか?
無機質な酸素質の中にいましたから。
後になって思う事はたくさんあります。
死んでしまうのだったら、うちにいさせてあげれば良かったと。
 
0212m01
 
アトムさんも、kikiちゃんも、死んで行く姿を私をずっと見ていました。
何も出来ずに。
ただ、名前を呼ぶことしか出来ない。
最期の最期に抱き寄せることしか出来なかったのですよ。
 
それを思うと、いろいろと悩みます。
 
グリグリの命は有る程度知らされてしまいました。
 
でも、他の猫達の命は永遠であるわけも無く。
20年で有るわけでもなく、
グリグリよりも短いなんてことも無きにしもあらず。
誰も知らない事。
 
0212qf02
 
だから、毎日を悲しんでいるのではなくて、
いっぱい楽しませてあげよう。と思うようにしているのです。
 
でも、死にいく姿を見るのはほんとうに辛い。
 
 

|

« 爆睡タイム | トップページ | 作品を少しずつ »

a.うちの猫」カテゴリの記事

コメント

何が一番いいのかなんてわからないですよね。
だから私はその時自分にできた精いっぱいのことが良しと考えることにしています。
グリグリちゃんもリンパ腺の腫れがひくまで毎日インターフェロンを続けてみてはどうでしょうか?
症状がある程度おさまったら回数を減らすようにして・・・
血液検査のおかげで注意することや治療なども方針がきまるのだから良かったと思います。
先を考えるのは本当につらいけど、突然何か起きることだってあります。
今できることをするしかないですものね。
正しい答えなんて誰にもわかりません。
だけどミチコさんの愛情はどの子達にもしっかり伝わっているはずです。

投稿: JUNJUN | 2013年2月12日 (火) 21:12

JUNJUNさま
ありがとうございます。
そうなんですよね。結果として既に出てしまっているのですから、
できるだけ、いい状態を保てるように進んで行きます。
辛い事ばかり想像していたら、いけませんよね。
猫たちにも、暗い表情を見せたらいけません!!

投稿: 花ねこ | 2013年2月13日 (水) 22:30

インターフェロン毎日・・!
なかなか根気のいる治療ですよね。
うちでもソウに腫瘍ができたときにインターフェロンを打ってましたが
続けて打っても効果が見られなかったのでやめました。
それでも今のところ腫瘍が増えていることはないので様子見中です。
グリグリちゃんの体調にもよると思いますが
先生と相談しながら、一番いい方法を探してくださいね。

投稿: ゆう | 2013年2月15日 (金) 10:29

ゆうさま
白血病がまだ骨髄に侵攻していない場合の陰転プログラムは
5日間続けてインターフェロンして5日間休み
を続けて行く方法があることを以前から知っています。
軽い場合は、ここまでしなくてもいいのかもしれませんが。
グリグリちゃんの場合は、この方法をしても見込みは無いのですが
もしかしたら の気持ちが強くて。。。
でも、ストレスの事を思うと1週間に1度のペースがいいのかもしれません。
インターフェロンによる副作用も心配なのもありますし。
先生と相談しながら、臨機応変にいきます。

投稿: 花ねこ | 2013年2月15日 (金) 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爆睡タイム | トップページ | 作品を少しずつ »