« うらやましい風景 | トップページ | ありがとう »

2014年1月 7日 (火)

ふーちゃん

 
ふーちゃんの心臓は正常な猫の3倍の大きさになっていました。
 
去年から、心臓に雑音が入る ということで、
定期的に心音をチェックしていただいていたのですが、
雑音の大きさは変わらずでした。
 
昨日、お昼ごはんを食べず、
私たちが夜9時頃に帰宅し夕食の準備をしても出てこず
ゴハンを持って行っても食べず。
 
そのうち、呼吸が異常に。
お腹の所に、心臓そのものがあるような激しくドクドクとした呼吸。
呼吸数も1分に50回以上。
 
夜中にかかりつけの病院で
夜間は無いのだけど、病院を開けてもらい診てもらった。
 
レントゲンを撮り、わかったことは
心臓肥大と、
肺にドーナツ型の白い影、これはアレルギー症状の表れ。
肺や胃袋に水はたまっていない。腎臓、肝臓ともに正常。
 
治療として、気管拡張剤と抗アレルギー剤ともう一つ
合計3種の注射をしてもらい帰宅。
 
でも、朝まで呼吸の異常は変わらずだった。
 
夜中の12時過ぎに治療をしていただいたばかりなので
今日は午後から病院に連れて行くことになっている。
開口呼吸はしていません。
 
もう、心配で心配で。
 
ふーちゃんは、暖かい窓辺から自ら降りて暗い鏡台の下に入ってしまう。
こういう行動をみると、
とてつもなく不安になる。
 
ただ、ひとつ嬉しいのは
私が側にいると喉をゴロゴロとならしてくれること。
 
涙が出るくらい嬉しいけど、わたしは絶対に泣かない。
 
みなさん、ふーちゃんを応援してやってください。
お願いします。
 
 
 

|

« うらやましい風景 | トップページ | ありがとう »

a.うちの猫」カテゴリの記事

コメント

ふーちゃんの頑張りと医学の進歩で、きっ薬が効いて楽になりますよ。

お疲れを出されませんように。

投稿: 藤本 | 2014年1月 7日 (火) 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うらやましい風景 | トップページ | ありがとう »