« ほんとうに猛暑日 | トップページ | 今後の治療 »

2014年7月29日 (火)

病院では

今日もグリグリの通院です。

 

抗癌剤投与が隔週になってからは2回目の血液検査のみの日です。

 

今日の白血球の数も満たされていました  うれしいです 

 

0729g01

帰宅後、お昼ゴハン直後のグリグリちゃん 

 

 

今日も患者さんが多かった~~~~~~~

それだけ、人気のある先生なのです。

優しくて、本当に動物が好き

もちろん、それだけではありません。知識も豊富です。

あらゆる治療の選択肢をお持ちです。 

 

0729q01

球ちゃん  

 

約2時間の待ち時間には、顔なじみになった人も多いので、

話がはずみます。

 

今日は、グリグリが抗癌剤の治療を始めた頃にであった人とお話しました。

 

「その後はどお?」

の 話しかけに、私の返した言葉は、

「抗癌剤もよく効いてくれて、順調です・・・・・・・・」

と今までの経緯を元気よくお話ししました。

 

 

0729c01

ちゃーちゃん  

 

 

そんなに、広くない待合室。

ほとんどの人達が「リンパ腫」「白血病」に反応して会話を聞いていました。

 

しばらくして、

面会室から女性が出てきて2〜3歩、突然顔をハンカチで覆いました。

 

一緒にいた、また別の猫ちゃんのお母さんに

「どんどん身体が小さくなって行って、、、白血球の数が足りないから、、、、」

と、涙声で話されてるのが聞こえたのです。

 

 

申し訳ないことをしてしまいました。

 

 

 

同じ、白血病の猫ちゃんのお母さんです。

グリグリと同じように、リンパ腫を発症していました。

もう一人のかたも、やはり同じ白血病で、

まだリンパ腫は発症していないそうです。

 

3匹兄妹の猫のうちの2匹で、

もう1匹もやはりリンパ腫で亡くなったそうです。

その亡くなった子は、私も2度会ったことのある猫ちゃんでした。

グリグリとほぼ同じ時期にリンパ腫を発症し、

肺の水を抜いた猫ちゃんでした。 

 

 

0729m01

みぃちゃん 

 

 

 

もうちょっと、あたりを気遣いなさい。

自分に言い聞かせています。

 

 

 

私も、びーびー泣きながら帰宅したこともあるくせに、

今でも、心配で心配でたまらないくせに。

 



 

 

   

|

« ほんとうに猛暑日 | トップページ | 今後の治療 »

a.うちの猫」カテゴリの記事

コメント

毎日暑いですね(×_×)
たくさんの猫ちゃんたちのお世話ご苦労さまです。

グリグリちゃんの経過、いつもブログで見守っています。
同じ病気でも、その子その子によって色々違うし、どんなに治癒を願っても仕方ない事もありますよね。。

病院で出会うだけのよその猫ちゃんも、みんな治って欲しい。
動物好きの方ならどなたもそう思うはず。
だから、きっとその猫ちゃんのお母さんも、花ねこさんが喜ぶ気持ちを分かって下さってますよ(^-^)

去年グリグリちゃんがやって来た数日後、ご主人の撮ったキャンディで遊ぶ姿に、私は惚れました♪(笑)
亡くなった子の分も頑張らねば!!です!


投稿: レイン | 2014年8月 5日 (火) 16:34

レイン様
ありがとうございます
私も、「経過のいいこと」なので、きっとわかってくださると思うようになりました。
ただ、今度は私が、「いつかこういうことが起きるのかもしれない」
と、思うようになったのですよ。
白血病にリンパ腫。
前向きに考えるようにしていますけど、
時々、ものすごい不安に襲われます。
 
生きている全てのものは、いつか死を迎える。
生まれた瞬間から「死」に向かっている。
わかってはいるのですけど。
やはり辛いです。
 
でも、肝っ玉母ちゃんにならないとね!!!!
と、また自分を奮い立たせています。
 

投稿: 花ねこ | 2014年8月 5日 (火) 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほんとうに猛暑日 | トップページ | 今後の治療 »