« キッチンハーブのリース | トップページ | まだいたカマキリ球ちゃん篇 »

2014年10月19日 (日)

つかまえる?

 
初夏だったか?春だったか?
既に忘れてしまったけど、
玄関の近くで無数のカマキリの赤ちゃんが生まれた。
そして、方々へ旅立った。
 
私が見ただけでも、
すぐにクモの巣に絡んで死んでしまうもの、
水浸しになって死んでしまうもの。
 
助けようにも、私が手をさしのべたところで、
良いようにはならない。
かえって、、、後悔することになる。
繊細な、絹糸で出来ているようなカマキリの赤ちゃんだった。
 
 
 
 
それが、
いや、その中にいたカマキリかどうかはわからないけどね 
 
1019cg01
我が家の二階の窓まで上ってきましたよ。
 
この子も、庭の植物を守っていてくれたのかしら?
 
1019cg03_2
興味津々ですね 
 
1019cg04_2
う〜〜〜〜〜ウズウズしますね。
 
捕まえたいけど、つかまりませんね。
 
見上げる姿が たまらん です 
 
 
でもね、
その、すぐ真横では
 
1019q01
ま〜〜〜〜〜〜ったく、関係なし!!!
 
 
球ちゃんは、虫にはあまり反応しません。
 
 
     

|

« キッチンハーブのリース | トップページ | まだいたカマキリ球ちゃん篇 »

a.うちの猫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。